吉野産の木で作ったお椀。
ある程度まで機械で彫ったお椀を3〜4日水に浸した後、一つ一つ手彫りしながら形を整えます。その後、拭き漆という技法で漆を7回ほど重ねて塗ります。漆は1日1回しか塗れないので、漆塗りだけで1週間はかかります。



進物用のラッピング例です。